全業績表

●論文、論説、単行本、学術誌上の書評、学術(風)エッセイ等、事典大項目記事など●

2017 解説  'Introduction for the Special Issue of Ngingit ', NGINGIT, Issue 9, The Tun Jugah Foundation, Kuching. pp.1-6.
2017  論文

'Not After the Deluge: A Note on Discourses on the Local Flood Experiences in the Upper Skrang', NGINGIT, Issue 9, The Tun Jugah Foundation, Kuching. pp.7-17.7-17.

2017 論文  'An Institution Called Death: Towards Its Arche', Kawai Kaori (ed.) Institutions: Evolution of Human Sociality, Kyoto University Press/Trans Pacific Press,
2016 論文 「他者としての精霊──イバン民族誌から」、河合香吏編『他者──人類社会の進化史的基盤』、京都大学出版会、315-338. 
2016 概説書 『 人類文化の現在──人類学研究』 (山本真鳥との共編著)、放送大学大学院印刷教材、放送大学教育振興会
2014 短論  'When Semangat Becomes Antu: An Essay on Iban Ontology’, NGINGIT, Issue 5, The Tun Jugah Foundation, Kuching. pp.27-32.
2014 短論 「『民族』とは何だろう」, 『学術の動向』、日本学術会議, 2014年7月号、76-79
2014 概説論文 「果てしなき果てをめざして」、 『宇宙人類学への挑戦──人類の未来を問う』(岡田浩樹・木村大治・大村敬一編), 昭和堂、pp.186-203
2014 概説書  『改訂新版 文化人類学』(奥野克巳との共編著)、放送大学印刷教材、放送大学教育振興会

2013

解説

「村落生活における時間と空間」、国立民族学博物館編(飯田卓責任編集)『霧の森の叡智──マダガスカル、無形文化遺産のものづくり』、マダガスカル特別展示図録、118-125

2013 事典記事  「死と墓」(大項目)、「墓のない民族と葬法」(中項目)、;土生田純之編 『事典 墓の考古学』、吉川弘文館

2013

エッセイ

「マレーシアの森の人とマダガスカルの森の人」、『月刊みんぱく』2013年3月号、国立民族学博物館、8

2013

論評

'Towards social assemblage based on the ability to symbolize and institutions: From the domain of socio-cultural anthropology', Kawai Kaori (ed.) Groups: Evolution of Human Sociality, Kyoto University Press 334-338

2013

論文

Assembly of Solitary Beings: Between Solitude and 'Invisible' Groups; Kawai Kaori (ed.) Groups, Groups: Evolution of Human Sociality, Kyoto University Press/Trans Pacific Press, 43-57.

2013

論文

「死という制度──その初発をめぐって」、河合香吏編『制度──人類社会の進化史的基盤』、京都大学学術出版会、 37-57.

2013

論文

「心は身体的にしか語れない──心、命、魂は体のどこにあるか」、菅原和孝編『身体化の人類学──認知・記憶・言語・他者』 世界思想社、76-101

2012 論文(共著) 大石高典、山下俊介、内堀基光「放送大学放送教材の素材映像アーカイブ化― 特別講義『HUMAN:人間・その起源を探る』のラッシュ・フィルムを事例に」、『放送大学研究年報』 30巻、63-75.

2012

書評

「寺嶋秀明『平等論』」、『文化人類学』 77巻2号  322-325

2012

論文

「ザフィマニリ集落とヴァトゥ・ラヒ建立をめぐる覚え書き」、飯田卓編『マダガスカル地域文化の動態』(国立民族学博物館調査報告/SenriEthnological Reports 103)、人間文化研究機構国立民族学博物館 171-185

2012

概説書

『「ひと学」への招待:人類の文化と自然』、放送大学印刷教材、放送教育振興会、196pp.

2011

解説

「『アスディワル武勲詩』文庫版への解説補遺」、筑摩書房、168-174

2011

書評

「今村薫『砂漠に生きる女たち』・丸山淳子『変化を生きぬくブッシュマン』」 『文化人類学』75巻3号、443-445

2011

論文

「サラワク・イバン社会総体の生業布置──それはいかに語りうるか」、松井健編『グローバリゼーションと〈生きる世界〉──生業からみる人類学的現在』、昭和堂、21-63

2011

エッセイ

「マダガスカルの男石」 『ニューサポート高校社会』vol.16  東京書籍 2

2011

短論

「意思なき石のエージェント性」、『ものの人類学』(床呂郁哉、河合香吏編)、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所/京都大学学術出版会、363-367

2011

論文

‘Theoretical Themes for an Anthropology of Resources’,  Social Science Information 50(1), 142-153

2010

論文

‘My Kind of Ethnology/Anthropology: On the Determined Schism between Micro- and Macro-scale Perspectives’, Japanese Review of Cultural Anthropology Vo.11, 3-23

2010

短論

「互酬性と交換──進化を視野に入れた試論」 『人間文化 』 27  (小特集 霊長類学と人類学の架橋:『伊谷純一郎著作集』完結を記念して) 、神戸学院大学、13-15

2010

概説書

『人類学研究──環境問題の文化人類学』(本多俊和との共編著)、放送大学大学院印刷教材、放送教育振興会、236 pp.

2010

短論

「サブシステンス活動の対グローバル性」 『<グローバル化>の社会学──循環するメディアと生命』(小川(西秋)葉子・川崎賢一・佐野麻由子編)、恒星社厚生閣、251-253

2009

論文

「マクロとミクロに引き裂かれてあるものとしての(私の)民族学/人類学」、『文化人類学』74巻3号、日本文化人類学会、373-389

2009

論文

「単独者の集まり──孤独と『見えない』集団のあいだで」、『集団──人類社会の進化』(河合香吏編)、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所/京都大学学術出版会、23-38 

2009

論文

「『先住民』の誕生──Indigenous People(s)の翻訳をめぐるパロディカル試論」、『先住民とはだれか』(窪田幸子編)、世界思想社、61-88

2008

論説

「中等教育における文化人類学──地歴科との関連に焦点を当てて」 『学術の動向』 2008年10月号 pp.36-39、日本学術会議

2008

書評

「竹沢尚一郎『人類学的思考の歴史』」 『民博通信』 

2008

概説書

『新版 文化人類学』(本多俊和との共編著)、放送大学印刷教材、放送大学教育振興会、212pp.

2007

論文

「金になるということ」 『資源人類学第4巻 躍動する小生産物』(小川了、責任編集)、105-135

2007

論集編集

『論集 資源人類学』全9巻 総合編集 弘文堂 うち第1巻『資源と人間』責任編集、序章「資源をめぐる問題群の構成」、pp.15-43.

2007

解説

「災因か福音か──長島信弘の場合」、『アリーナ第4号 特集アフリカ多面体・長島信弘の饗宴』、中部大学国際人間学研究所、361-364

2007

概説

「つながる──社会的な存在としての人間」、『人類の歴史・地球の現在』(本多俊和ほか編)、放送大学印刷教材、放送大学教育振興会、90-100.

2007

概説書

『資源人類学』(菅原和孝、印東道子との共編著)、放送大学印刷教材、放送大学教育振興会、206pp.

2007

論文

「『リニアな空間』──イバンの行動環境における線形表象に向けての序説」、『生きる場の人類学:土地と自然の認識・実践・表象過程』(河合香吏編)、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所/京都大学学術出版会、119-140.

2006

論説

「変貌か解剖か:アフリカの生態人類学に寄せて」、『アフリカ研究』69号、143-145

2006

論説

「人類を見やる距離:レヴィ=ストロースのまなざしの遙かさについて」、『レヴィ=ストロース『神話論理』の森へ』(渡辺公三、木村秀雄編)、みすず書房、94-108.

2006

論文

「声と言葉の力──ボルネオ・イバンの祭文をめぐって」『自然と文化そしてことば』1号、葫蘆舎、pp.74-80.

2006

論文

「社会空間としてのロングハウス:イバンの居住空間とその変化」、『社会空間の人類学:マテリアリティ、主体、モダニティ』(西井凉子、田辺繁治編)、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所/世界思想社、92-115.

2005

書評(英文)

William D. Wilder (ed.), “Journey of the Soul: Anthropological Studies of Death, Burial and Reburial Practices in Borneo”, Asian Folklore Studies, 64-2

2005

概説

「環境と進化:文化=生態系という統合領域へ」、『文化人類学入門:古典と現代をつなぐ20のモデル』(山下晋司編)、弘文堂、27-39.

2004

エッセイ

「インドゥ・ウタイのこと──昆虫知らずの記」、『エコソフィア』14号、民族自然誌研究会、昭和堂、44-45.

2004

論説

「死者とは誰か──記憶と表象」、『歴博』125号、国立歴史民俗博物館、19-23.

2004

報告

‘How Brunei Borders Are Crossed: or the Stateless as a Human Border Area’, in K. Miyazaki (ed.) “Dynamics of Border Societies in Southeast Asia: Proceedings of International Symposium (held at ILCAA in December 2003)", ILCAA,  82-98.

2004

報告

 ‘Rivers and Ridges: Changes in Perception of Natural Environment among the Iban of the Upper Skrang’、in ”Local Perception of Environment and Landscapes in Sarawak”、 (科学研究費基盤研究A(1)『サラワク先住諸民族社会における自然環境認識の比較研究』(代表者:内堀基光)成果報告書)、1-29.

2004

総説論文

‘Tracing Ourselves Back to “Ethnologie”: Ethnographic Works of Japanese Anthropologists on the Periphery of Insular Southeast Asia’, Japanese Review of Cultural Anthropology, Vol.4, 45-74.

2003

書評(英文)

Clifford Sather, “Seeds of Play, Words of Power: An Ethnographic Study of Iban Shamanic Chants,” Asian Folklore Studies, 62-2, 347-349

2003

報告

「減退する森と人──ザフィマニリ社会について」、『Sera Sera:マダガスカル研究懇談会ニュースレター』9号、1-4.

2003

書評

「菅原和孝『感情の猿=人』」、『民族学研究』68巻1号、pp.98-101

2003

論文

「サラワク・イバン社会における小家族の編成と機略的行為」、『アジア・アフリカ言語文化研究』 65巻 1-18.

2002

論文

‘In the Two States: Cultural Citizenship of the Iban in Sarawak and Brunei’, Masaru Miyamoto & Patricia Regis (eds.) Cultural Adaptation in Borneo, Sabah Museum Monograph Volume 7, Department of Sabah Museum, Kota Kinabalu,  111-127.

2002

論文

「民族の運動態における平凡の意味──サラワク・イバン社会とジュガのケースから」、『民族の運動と指導者たち』(黒田悦子編)、山川出版社、136-154.

2001

事典寄稿編集

Encyclopaedia of Iban Studies, 4 vols., Contributing editor, The Tun Jugah Foundation and Borneo Research Council, Kuching.

2001

書評(英文)

James Fox and Clifford Sather (eds.), “Origin, Ancestry and Alliance”,  Asian Folklore Studies, 60-1,180-183

2001

論文

「インセストとその象徴」、『近親性交とタブー』(川田順造編)、藤原書店、147-167.

2001

論説

「死の意味領域:文化、変化、進化」、『進化人類学分科会ニュースレター』No.2,  9-16

2000

エッセイ

「ブルネイの光と陰──黄金のモスク」 『きゅうぷらす』 vol.5  河出書房新社 4-5

2000

論文

「ボルネオとマダガスカルのあいだ」、『海のアジア2、モンスーン文化圏』(家島彦一編) 岩波書店 pp.153-180

2000

短論

「呼んではいけない名前」、『月刊言語』29巻10号、大修館、60-61

1999

書評

Robert L. Winzeler (ed.), “Indigenous Peoples and the State: Pollitics, Land and Ethnicity in the Malayan Peninsula and Borneo”,  『アジア経済』40巻3号、.68-71

1999

論文

「長い家に人はどうあつまるか」『シリーズ建築人類学2:住まいにつどう』(佐藤浩司編)、学芸出版社、47- 64

1998

短論

「島の名をめぐって:ボルネオとカリマンタン」、『歴史と地理』518号、 山川出版社 36-37

1998

短論

「言語ジャーナル47/ブルネイと東マレーシア」、 『月刊言語』27巻11号、大修館 pp.110-111

1998

概説

「東南アジアにおける人の移動と民族――ボルネオ島を中心として」放送大学印刷教材 原尻英樹編『世界の民族』164−172 放送大学教育振興会

1997

概説論文

「文化相対主義の論理と開発の言説」、 川田順造他編『岩波講座開発と文化第3巻 反開発の思想』岩波書店41−60 

1997

概説論文

「死にゆくものへの儀礼」 『岩波講座文化人類学第9巻 儀礼とパフォーマンス』 71−104 

1997

概説論文

「序論・民族の意味論」  『岩波講座文化人類学第5巻 民族の生成と論理』 1−28

1997

エッセイ

「マダガスカル学ことはじめ」  『創文』 386号 創文社 11-15 

1997

概説論文

「序論・ものと人から成る世界」 『岩波講座文化人類学第3巻 「もの」の人間世界』 1−22

1996

概説書

『森の食べ方』 東京大学出版会

1996

解説

『サラワク精霊の森』巻末解説 凱風社

1995

概説

「宗教と世界観」 綾部恒雄、石井米雄編『もっと知りたいインドネシア第二版』、116−153、弘文堂

1995

短論

「日本的人類学はありうるか」 『文化人類学』 民族学振興会 No.2 14-15.

1995

短論

「死の人類学」 『人類学がわかる』 アエラ・ムック 12-13

1994

短論

「死者との共食──ボルネオの例から」『九州歴史』1994年12月号、九州歴史大学、pp.15-17

1994

論文

「森の資源の獲得戦略とその象徴化」大塚柳太郎編『資源への文化適応』 雄山閣 171−194

1994

論文

「民族の消滅について──サラワク・ブキタンの状況をめぐって」 黒田悦子編『民族の出会うかたち』 朝日新聞社 133-152

1994

短論

「閉じこめられた死──文化人類学から見た病院での死」『病院』vol.53. no.12,  医学書院  18-21.

1993

短論

「カリマンタンの夜市から」 宮崎恒二他編 『アジア読本インドネシア』 河出書房新社 117-123

1993

エッセイ

「蔭のこと」 『アセアン文化祭カタログ』 国際交流基金 

1992

書評(英文)

Peter Metcalf. “Where are You, Spirits?: Style and Theme in Berawan Prayer”,  Asian Folklore Studies,51-1,

156-158

1992

短論

「異文化理解問答」 『研修のひろば』68号, 6-11 特別区職員研修所

1992

短論

「開発と文化」 『国際協力』 国際協力事業団

1992

事典記事

「東南アジアの先住民問題」 『時事年鑑』 時事通信社

1991

概説

「さかしまの世界──宇宙論・神話・儀礼」 前田成文編『講座東南アジア学 東南アジアの文化』 弘文堂 170-191

1990

短論

「異文化理解と人類学」『亜細亜大学教養部言語・文化研究所所報』10号、2-3

1989

論文

「民族論メモランダム」、田辺繁治編『人類学的認識の冒険』、同文館  27-48                                 

1989

論文

「儀礼の変質──内旋とイベント化」『一橋論叢』101-2号、16-31

1988

論文

'Motorcycles and Markets', East Asian Cultural Studies, vol.27, nos1-4,81-92

1987

論文

「国家と部族社会──サラワク・イバンの経験」、伊藤亜人他編『現代の社会人類学』第三巻、57-82、東京大学出版会

1987

解説(論評)

"Japanese Studies on Anthropology and Ethnology 1973-1983", Asian Studies in Japan, 1973-1983, PartII-2, The Centre for East Asian Cultural Studies, Tokyo. 

1986

論文

'The Ritual Lament of the Iban of Sarawak', Grijns, C.D. and S.O.Robson (eds.) "Cultural Context and Textual Interpretation", Verhandelingen van het Koninklijk Intituut voor Taal-,Land- en Volkenkunde 115, 315-328

1986

単行本

『死の人類学』 (山下晋司と共著) 弘文堂

1986

新聞記事

「ブルネイ石油王国滞在記」  中日新聞 16回連載

1986

解説

「東南アジア島嶼部(インドネシア・マレーシア)」『日本の民族学1964−1983』日本民族学会229-234

1985

論文

「生と死の隠喩:サラワク・イバン族における「花」のイメージ」 石川栄吉他編『生と死の人類学』 講談社 107-124

1985

エッセイ

「チェンマイのエスキモー」 『現代思想』13-9、巻末エッセイ

1985

論文

「スキャンダル以後──フリーマンのミード批判をめぐって」 『現代思想』13-8、255-263

1985

解説

「エヴァンズ=プリチャード──文化と意味の翻訳者」 『文化人類学群像1』 綾部恒雄編 アカデミア出版会 349-366

1984

論文

'The Enshrinement of the Dead among the Iban', Sarawak Museum Journal vol.23 no.54  15-32

1984

論文再録

'Transformation of Iban Social Consciousness', Turton, A. and S. Tanabe (eds.) "History and Peasant Consciousness in South East Asia", Senri Ethnological Studies 13  211-234, National Museum of Ethnology, Osaka.

1984

書評(英文)

Peter Metcalf, “Borneo Journey into Death:Berawan Eschatology from its Rituals”, Asian Folklore Studies,43-2, 324-326

1984

概説

「ある焼畑耕作民の歴史──サラワク・イバンの場合」 大林太良編『東南アジアの民族と歴史』 民族の世界史6 山川出版社  416-436

1983

書評

「市川光雄『森の狩猟民』」 『民族学研究』 48(1)、 101-102

1983

論文

'The Ghosts Invited: The Festival for the Dead among the Iban of Sarawak' East Asian Cultural Studies 22, nos.1-4, 93-128

1982

概説

「宗教と世界観」 永積昭、綾部恒雄編『もっと知りたいインドネシア』、弘文堂 105-140

1981

論文

「神霊化する死者──サラワク・イバン族の死生観の一側面」 『東洋文化研究所紀要』 第85冊 1-35

1981

報告

「サラワク・イバン族の献立表」 『岐阜大学教養部研究報告』 第16号 119-135

1980

短論

「河とイバン語」、『月刊言語』 9巻9号 大修館 48-49

1980

報告

「イバン族の葬歌:紹介的記事」 『社会人類学年報』 東京都立大学社会人類学会 189-212

1979

書評

「岩田慶治『カミの人類学』」 『民族学研究』44(3)、325-327

1979

概説

「イバン族の民話(上・中・下)」 『月刊言語』 第8巻10号(82-94)、11号(86-95) 、12号(88-97) 大修館

1978

学位論文

“The Leaving of this Transient World: A Study on Iban Eschatology and Mortuary Practices”, unpublished Ph.D. thesis, Australian National University.  310pp.

1976

翻訳

(翻訳) 『神話──その意味と機能』 (G・S・カーク著)、社会思想社、402pp.

1975

概説

「妻と妹」 大林太良編 『未開の女性』 日本評論社 129-164

1974

解説論文

「レヴィ=ストロースと神話の構造分析」『アスディワル武勲詩』解説論文、青土社、89-122

1973

短論

「共同体と異人」 『現代思想』2巻9号、127-131

1973

短論

「洪水・石・近親相姦」 『現代思想』1巻5号、163-169